相続税に関する知識と対策

相続税とは家族に関する身内などが亡くなられた場合に、残った資産を財産分与として跡継ぎをする家族の身内などにかかる税金です。税金がかかる財産は、資産として土地や家屋などに関して、残った家族が主に受け継ぎをした場合に、一定の割合の税金を課せられるという法律があります。また、預貯金や事業用の用具や骨董品などの価値によって、税金を課せられる場合もあります。一方で、相続税がかけられない財産は、家族が所有している墓地や宗教などの公益の事業で得た財産などです。非課税になる財産の分として、身内の人で亡くなられた人の年金などがあります。税金の納入に関して、最初は税務署に対して、相続税の申告書の提出する事になっています。税務署は、申告者の財産分与などの申告に間違いがないかどうかを調査して、行政処分などを行う必要性を通知します。

他界した父の持っていた土地の相続税

自分の仕事を見つけるまで結構な時間がかかったのですが、やっと介護の仕事をやってみようと思ったのが、30歳手前の時でした。介護職が初めてだったのですが、親が歳をとっても見てあげるのにも良いかと思い、介護士の免許を取ったのですが、父が早くに他界してしまいました。いつも、自分はどんなことをしていきたいのか、ちゃんと将来を考えて、今は時間を過ごすようにと言われていたのです。そんな父は生前から田舎の方ですが土地を持っていたので、相続税がかかるということを言われたのですが、わたし的には相続税がかかろうが、かかるまいが気にならなかったが、父が無くなったことがショックでした。どうやら土地は将来的にも、わたしがお金に困らないようにする為に持っていたようで、親戚のおじさんからいろいろな手続きを教えてもらったのです。10年経った今ではありがたいと思っています。

マンションに相続税がありましたが感謝しています

大学を卒業した頃に、在学中に一緒にマンションに住んでいた仲の良かった同級生と、今までと同じように部屋をシェアして暮らしていました。といってもそこのマンションはわたしの父の持ち物で、部屋も多かったのと、同級生も両親を通じてとても知っていた間柄だったので、両親も安心して貸してくれていたのです。しかし、突然に父が他界してしまい、身の回りも変わってきました。就職して3年は経っていたので、仕事も楽しくやっていて親孝行もこれからという時に亡くなったのが残念でした。そして父の持ち物であるマンションも相続税がかかるということで、手続きなども大変でしたが、こうやって住むところを残してくれた父には感謝しています。一緒に住んでいた友人も、今では結婚していなくなりましたが、今でもたまにマンションに遊びに来てくれます。

交通事故に関するご相談は土日・祝日・夜間も事前予約にて対応します。 当事務所では、交通事故の被害者となられた方々のために、法律相談料を無料として、お気軽に相談に来ていただけるようにしています。 当事務所では、現在無料法律相談会を全国各地で行っておりますので、交通事故に遭われた方はお気軽にお問い合わせください。 交通事故慰謝料事例は当事務所でご確認ください